クルス山(キリシタン墓碑)
クルス山(キリシタン墓碑)
クルス山(キリシタン墓碑)
千提寺地区にある小高い丘。1919年(大正8年)2月、キリシタン研究家藤波大超氏によって隠れキリシタンの墓碑が発見されました。以降続々と隠れキリシタンに関する遺物が発見されました。今でもクルス山には3基の墓碑が祀られています。
現在、新名神高速道路工事に伴い、クルス山のキリシタン墓碑はキリシタン遺物史料館に保管されています
住所 茨木市大字千提寺 マップはこちら
交通 阪急バス千提寺口バス停より徒歩20分