三島ウド出荷 2月上旬

三島ウド出荷
特産「三島ウド」は春を告げる茨木の山の幸。江戸時代から行われている伝統産業として有名です。現在では、千提寺・上音羽・太田の農家で栽培しています。
ウドは、日当たりの良い田んぼにビニール製の「ウド小屋」を建て、干草やワラの堆肥をのせて温度を保ち育てます。
「三島ウド」は、他の産地にくらべてアクが少なく色白で上質なところが特徴です。